忍者ブログ
2019 05
≪ 2019 04 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2019 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



土曜日。
前日、疲れて10時ころ就寝。
起きたら4時。
花粉症のせいで深くは眠れない最近です。
レム‐ノンレムの周期であろう、
90分おきに目が覚めます。

今日はACC。
朝から家を空けるので
「いつも以上に家事をしなければ!」
と思って家事にいそしみます。

洗濯→洗濯干し
台所の片づけ
リビングの整理整頓
などなど。

あっという間に集合時間の6時になります。
あわてて集合場所のコンビニへ。
「あっ。ゴミだし忘れた!」

これは家内に頼むしかないですね。
これくらいならやってくれるでしょう。

第三回ACCの参加者。

<富士山をバックに。>
師匠のSさん。
私。
そして、新たな参加者、私と同じ職場のIさん。
トライアスリートのNさんは、体調不良のためDNS。

今回はこの三人でスタートです。
まずは246などを使って厚木方面へ。

<Iさん、フラペだし。>

Iさんは9月からロードに乗り始めた初心者。
はっきり言ってなめてました・・・。

しっかし・・・・。

この後、Sさんの提案で小田原厚木道路沿いを
35km/h オーバーのトレインを組むことに。

これまで、
私は瞬間的にはその速度に達することはありましたが、
継続(持続)的にその速度域で巡航したことはもちろんありません。
もちろん、Iさんも。

ま、フラペだし、
Iさんがへたって来たらそれに合わせるようにやすめるかな、と・・・。





・・・・へばったのは私・・・?!




まずねぇ、
速いんですよ。
Sさん。

あっという間に35kmオーバー。
そして、下ハン握って巡航。
余裕綽々。

私はいっぱいいっぱい。

誰ですか?
トレインの後ろは休めるっていったのは?!
全然休めません!!

距離をあけすぎなのか?
でも、50cm以内には近づいている気はする。
これ以上接近すると接触しそうだし。

自分が先頭に立つと、
38km位だったメーターが36km位に下がります。
もがいてもがいて先頭交代・・・・(笑)。

息はあっという間に上がります。

脳内によみがえる懐かしい記憶。

そう、これは・・・?

中学高校時代の部活!!


「部活かこれは?!」
と、33歳の2月に小田原厚木道路で自問する私(笑)。

Iさんも、ちゃんとついていくし(笑)。

ほどなく真っ白になりかけた私が完成しました。
どのくらい進んだのでしょう?
距離も時間もわかりませんが、
ようやく信号。
そして、側道へ。

命拾いしました。

そして、5分後。
ふくらはぎつりました・・・・。

トレインの時に、ぐいっと踏み込んだのでしょう。
まだまだふくらはぎ頼みのペダリングな証拠です。

茅ヶ崎の海に出て記念撮影。
CA3F00110001.jpg











かすかに向こうに見える箱根、富士山。
近くに海。
空は真っ青。

いい景色です。
この景色が見られるだけで、
ここまで頑張ったかいがありますね。


<思い思いに写真撮影>

そして、
Sさんプレゼンツ。
「うまいパン屋」に直行。
茅ヶ崎駅近くのパン屋さん。
Pain de nanosh(パン ド ナノッシュ)。
(その場では読めませんでした。後からネットで検索(笑)。)



いい匂い。
開店したばかりで焼きたてのパンが並んでいました。
私は自分の分一つと、
家族の分3つを購入。

「持ち帰るの大変だ!」
と気づいたのは購入後・・・。
とりあえず、ポケットに突っ込みました。


帰りは境川CRをひたすら北上。
緩やかな上り坂と向かい風が延々・・・。
それでもSさんトレインは25km/hを割ることなく淡々と進む。

Iさんついていっているし。
私がちぎれるわけいかないし。。。

とにかく、もがきまくりました。


二人と離脱できたときは本当にうれしかったです(笑)。
そのあとはたらたら、
本当にたらたらと帰りました。

とはいえ、第三回ACCとっても楽しかったです。

自分の課題も見つかりました。
1.まずは足を鍛える必要が大!
 ○普段からの通勤で意識しながらスキルアップします。
  通勤なので、安全第一なのは言うまでもありません。

2.ペダリング技術の向上
 ○太ももの付け根からのペダリング。
  ふくらはぎが攣るということはアンクリングをしているということ。
  もっと付け根から動かします。
  柔軟性アップも必要かもしれません。

3.自転車ポジション見直し。
 ○二人とも私より断然ハンドル低かった。
  風の抵抗?
  力の伝わり具合?が異なるのでしょう。
  「こっちのほうがしっくりきて楽だ。」とポジションを取ってしまいましたが、
  より低いハンドル位置に変更します。
  また、もうちょっとサドル位置も上げようかな。


小さいながらも目標をもって通勤ができそうです。
次回のACCが楽しみです。
PR


疲れました。
第三回ACC。

小田原厚木道路で35kmoverのトレイン初体験。
脳内で聞こえる
「部活か?!」
の声(笑)。

平塚付近では右足ふくらはぎがつるアクシデント。
三人の中で一番のへなちょこな私でした。

今はまったり。
じきに睡魔がやってくるでしょう(笑)。





第三回ACCの開催予定が立ち上がりました。
2月26日(土)早朝~10時。
平塚方面へ。

参加メンバー
師匠Sさん。
トライアスリートNさん。
私。
そして、私の職場の若いIさん。
(最近ロードデビュー。)
の4人です。

Sさんいはく、
「最近はピストで鍛えているから、
 山ではなく平地を行こう。」
とのこと。
ただし、35~40km/h巡航をするらしい・・・。




・・・無理でしょ(笑)?!
普段だって40kmなんて、出せていません(笑)。
たまに下り坂で頑張った時だけ、ちょろっと出るくらいです(笑)。

地獄な予感…(笑)。

2回目のACC活動。
今回は宮ケ瀬です。

朝5時半にコンビニ集合。

なのに起きたら5時!
目覚ましに気づきませんでした!
危なかった。
急いで準備して自転車にまたがります。


それでも間に合う距離の集合場所でよかった(笑)!!
一番乗りです。
さっそく朝食をゲット。
ハンガーノックにならないように
しっかり食べます。


八王子街道から県道507号、県道52号とつなぎます。
相模川は昭和橋でわたります。
相模川はあまりなじみがないのですが、
このあたりでも結構川幅があるのですね。
いつもの境川とは全然違います(笑)。


ものすごい下り坂がいくつかあった後は、
当然、のぼり(笑)。

今回は3つくらい足に来る上り坂がありました。
心拍上がりまくり。
「師匠」のSさんはたんたんと上っていきます。
苦しそうな顔は全然見せません。
本当に「たんたん」と。

私とNさんは「息も絶え絶え」登ります。
一つクリアしても次に現れる坂に気力を奪われつつ
何とかクリアしていきます。

そして現れた宮ケ瀬湖。
達成感がありますね。
鳥居原園地で休憩。
買って来たおにぎり等を食べます。
この時点で7時45分くらい。
早いです(笑)。


左端のFELTが漢、Nさんのカーボンバイク。
真ん中のCHERUBIMが師匠、Sさんのスチールです。

こうなると、カーボン、スチール、アルミ(私)と3種類そろっていて面白いと思う反面、
私のはクロスバイクですからね(笑)。
よく考えれば、がんばっているものです(笑)。


15分ほどの休憩の後、
帰路に着きます。
師匠いわく、
「往復3時間半目標」と言うことだったので、
残り時間1時間半ほどです。
イソガネバ!!



ところで、二人とも下りが速い!
いったん離れると
全然追いつけません。
アウター×トップで足の限り踏んでも
全然追いつけない感覚はちょっとした恐怖でした(笑)。

これって何の差なのでしょう?
もちろん足の差は大前提。
後は機材?
体重?

何かのせいにしても仕方ないですね。
精進が足りないのでしょう。



そして、予定通り9時過ぎに到着。
世間的に、まだ日曜日は始まったばかりです。

ですが、
結局軽い頭痛と疲労感で
この後ずうっと寝ていましたとさ(笑)。


次回のACCはヤビツ峠だそうです。
またまた楽しみ。

2月に同業者の集まりで飲んだときに、
自転車に乗っているもの同士ということで、
盛り上がって結成されたACC(旭サイクリングクラブ)。
本日初めての活動がありました。

当初は「宮ヶ瀬」という案だったのですが、
雨天続きで、凍結が心配されたので、
急遽「湘南平」に変更になりました。
どちらにしてもクロスバイキーな私にはキツいことには変わりません(笑)。


朝7時に中原街道と境川の交差する地点で待ち合わせ。


<本日のメンバー(というか、これでACCのフルメンバーですが(笑))>
Sさん(画像では向こう側に小さく見える方)。

今日はほとんどずうっと先頭をひいてくれました。
彼は5歳くらい年上で
JCRCにも登録しているとのこと。
勝手に「師匠」と呼ばせてもらいましょう(笑)。

Nさん(手前のブルーのジャージの方)。
元トライアスリート。
私は全然分からないのですが、
宮古の大会に何度か出ていたり
フルマラソンを3時間台で走ってしまったりする
本気(だった)の漢。

そして、私。
まぁ、日々自転車通勤しているだけの男(笑)。



走り始めて30分。
あっという間に藤沢市内に到着。
ここで雨脚が強くなり、いったんコンビニ休憩。

恨めしそうに軒下から空を眺めます。
携帯で天気予報をチェックするも
11時くらいまでは雨雲から逃げられそうもありません。

と、言うわけで覚悟を決めていざ湘南平。

神奈川の自転車乗りには結構メジャーな様子の湘南平。
いろいろな方のブログに登場します。
びびりな私は一応事前に下調べ。

すると、どうやらそんなに長い距離ではないらしく
早い方は10分以内に登ってしまうとのこと。
また、ところどころ
休憩所やら東屋があるとのこと。

「こりゃあ、いざというときでも何とかなるか!」
そんな気分で向かいます(笑)。

そして、いざ登坂開始!!

曲がりながらの激坂あり。
目の前に壁のように迫ってくる直線の激坂あり。
となかなかおなかが一杯になるメニュー(笑)。

もちろん、必死の私は
写真を撮る余裕などありませぬ(笑)。
最大心拍数、過去最大の197を記録!!
今まで通勤では160台が最大だっただけに、
自分的に脅威の数値!!

そうして、もがき続けながらも
頂上到着!!

 
<展望台からの眺め>
残念ながら曇りでしたが、なかなかの眺め!
そして、風が吹き抜けるだけに、寒い!!
ぬれねずみなだけに、いっそう寒い!!

すぐに下の食堂で食事です。
山菜うどん。
あったまります。


一応お約束の画像もぱちり。

仕事や家庭を抱えている私たちは、
その後、すぐに退散し、
横浜方面に戻っていきました。


いやあ、楽しかった!
いつも一人では知っているわたしとしては、
こういう仲間がいるということは
とっても嬉しいことです。

ずっと先頭をひいてくれた
「師匠」は涼しい顔で走り続けていました。
すごすぎます!
ケルビムのオレンジのバイク。
途中から差し込んできた日の光にきらめいて
とても格好良かったです。

Nさんのバイク。
やや整備不良気味の様子でしたが
「次までにしっかりトレーニングしてきます。」
と言い放った言葉が重かったです。
かつて本気でやっていた人だけに、
次回は恐ろしいことになっていたりして・・・(笑)。


あ、次回こそ、宮ケ瀬らしいですよ・・・・。


HN:
寿太朗
性別:
男性
趣味:
しいて言えば、読書かなぁ。。。
自己紹介:
「而立」を過ぎ、いろいろな場所で責任ある役割を任され始めたことを実感するこの頃です。息抜きを大切にしながら、いい意味で適当にがんばります(笑)。
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[01/20 寿太朗]
[01/18 NOAH]
[11/13 あらいさとし]
[11/02 あらいさとし]
[10/28 あらいさとし]